「酷暑」とは?意味や何度からなのかを解説!

「酷暑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「酷暑」について解説します。

目次

  1. 酷暑
  2. 酷暑の意味とは
  3. 酷暑を使った文章・例文

酷暑

酷暑」という言葉の意味について解説します。

この酷暑という言葉は、夏の暑さの度合いを示す言葉になります。

時節の挨拶や気象用語としても使われており、似た言葉に「溽暑」や「猛暑」などがあります。

よく天気予報で、「酷暑日」、「真夏日」、「猛暑日」などと表現されることがありますが、皆さんは具体的にどの程度の暑さに対して、「酷暑」や「猛暑」といった言葉が使われているかご存知でしょうか。

今回は、「酷暑」という言葉について、「真夏日」や「猛暑日」との違いについても解説します。

酷暑の意味とは

酷暑とは「非常に暑いこと。厳しい暑さである。」という意味です。

そして、気象用語としての酷暑日の意味は「気温が35℃以上の日」を指します。

また、酷暑と似た言葉に猛暑があります。

こちらも気象用語として使われており、意味は酷暑と同じになります。

すなわち、「酷暑日」と「猛暑日」は、どちらも35℃を超える暑さの日となります。

そして、その他の暑さを示す言葉の夏日は、「1日の最高気温が25℃を超える日」を指します。

また、真夏日は、「1日の最高気温が30℃を超える日」を指します。

このように、暑さを示す言葉は気温が5℃上がるごとに変わります。

補足情報として、暑い夜を示す熱帯夜は、「夕方から翌日の朝までの最低気温が、25℃を超える夜。」を指します。

 

>

酷暑を使った文章・例文

  1. 明日は、今年一番の暑さで酷暑日となるそうだから、外出は控えよう。
  2. 酷暑の中、校外学習をするのは熱中症になる危険性が高いので中止となった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ