「圧迫面接」とは?意味や例を解説!

「圧迫面接」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「圧迫面接」について解説します。

目次

  1. 圧迫面接
  2. 圧迫面接の意味とは
  3. 圧迫面接の例

圧迫面接

皆さんは、「圧迫面接(あっぱくめんせつ)」という言葉をご存知でしょうか。
就職活動をされている方にとっては、ひどくつらい言葉かも知れません。

この記事では、「圧迫面接(あっぱくめんせつ)」の意味を解説させていただきます。

圧迫面接の意味とは

>

「圧迫面接(あっぱくめんせつ)」とは、「面接官が応募者をいじめる面接方法」のことを言います。

具体的には、面接中にため息をついたり、意地の悪い質問をしたり、威圧感を与えることです。
応募者のストレス耐性を見る、機転を求めるといった意味で使われるやり方で、現在でも多くの企業で行われています。

特に学生は社会経験が無い為、見極める為に圧迫面接をされることが多いです。
企業にとっては優秀な人材を手に入れる為の一つの手段ですが、就職活動に疲弊した人には非常につらいことです。

その為、「面接官の態度が悪い」などとして内定を辞退することも少なくありません。
特に最近はパワハラなどの問題も多いので、圧迫面接をしたがる企業も注意が必要です。
一度でも応募者が後輩などに「あの企業は圧迫面接するから」と言えば、評判は大きく落ちるものです。

圧迫面接の例

ここで、「圧迫面接(あっぱくめんせつ)」の例をいくつかご紹介します。

1.応募者が話している最中にため息をつく
2.「あなたを雇うことのメリットは?」など、意地の悪い質問をされる
3.頬杖をつくなどをして威圧感を与える
4.面接官同士でひそひそ話をしたり、舌打ちをする

などが挙げられます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ