「絵空事」とは?意味や使い方を解説!

「絵空事」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「絵空事」について解説します。

目次

  1. 絵空事
  2. 絵空事の意味とは
  3. 絵空事を使った文章・例文

絵空事

絵空事(えそらごと)」という言葉は、非現実的なことを言っている人や物事を美化しがちな人に対して使う批判的な意味を持つ言葉ですね。意外に聞く機会の多い言葉ではないでしょうか。

「絵空事」は使われる機会が多い言葉ながら、正確な意味を知らずに使っていることも多々あります。この機会に正しい意味を知って使いたいですね。

この記事では「絵空事」の意味や使い方などを解説します。

絵空事の意味とは

>

「絵空事」の意味は「大袈裟で非現実的であり得ないこと」「誇張している表現」です。絵画はそもそも美化され誇張されているものであり、それになぞらえて非現実的なことや大袈裟なことを批判する言葉として使われることが多いですね。

「絵空事に過ぎない」「絵空事を並べる」などの形で使われることが多く、夢見がちな若者をたしなめる使い方をされることもあります。

しかし「絵空事」だと思っていたことを実現させている人も多くいますので、大袈裟なことや誇張されていると感じることにもまずは耳を傾けてみることが大切かもしれません。

絵空事を使った文章・例文

  1. 今回のプロジェクトは若手の有望株の彼が関わっている。今までは成果を出してきた社員だが、今回の計画ばかりは絵空事と言わざるを得ないだろう。
  2. 実力もない上に努力もしていない彼女は、ひたすら絵空事を並べることで自分の本当の姿が見えないようにしている。
  3. プロ野球選手になりたいと目標を掲げることは誰にでもできる。しかし、それに向けて想像を絶するような努力をしていないうちは、絵空事に過ぎない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ