「遍く(あまねく)」とは?意味や使い方を解説!

「遍く(あまねく)」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「遍く(あまねく)」について解説します。

目次

  1. 遍く(あまねく)
  2. 遍く(あまねく)の意味とは
  3. 遍く(あまねく)の使い方・例文

遍く(あまねく)

遍く(あまねく)」という言葉は日常会話の中で使う機会は少ないですが、小説や映画などで目にする機会もあるのではないでしょうか。普段から好んで使う人も時々いますね。

「遍く」は頻繁に使う言葉ではありませんが、正しく意味を知ってここぞのタイミングで使えると、日本語の深みを会話の中に滲ませることができますよ。

この記事では「遍く」の意味や使い方、読み方などを解説します。
 

遍く(あまねく)の意味とは

「遍く」の読み方は「あまねく」です。読み方が難しい言葉なのでこの機会に覚えておいてくださいね。

「あまねく」は「普く」と表記することもありますが、一般的には「普く」よりも「遍く」を使うことの方が多いでしょう。

「遍く」の意味は「すみずみまでもれなく行き渡っている様子」です。「全体に」「広く」などと近い意味のある言葉ですが、より細かい所にまで影響が及んでいる印象を与える言葉です。

「遍く」は使うタイミングが難しいですが、うまく使えると日本語としてワンランク上の響きになるのでぜひ使ってみてください。

>

遍く(あまねく)の使い方・例文

  1. 彼は若くして他界したが、彼が作り上げた製造方法や仕事に対する姿勢は若い社員も古参の社員も関係なく遍く理解されています。
  2. コンビニエンスストアは初めて日本に登場した時からあっという間に全国に拡散していった。これから、どの土地にも遍くコンビニが存在する時代が到来するだろう。
  3. 彼女の仕事ぶりが他を圧倒するレベルにあることは、社内のみならず業界で遍く知られている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ