「余韻」とは?意味や使い方を解説!

「余韻」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「余韻」について解説します。

目次

  1. 余韻
  2. 余韻の意味とは
  3. 余韻を使った文章・例文

余韻

余韻(よいん)」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「よいん」となります。

この「余韻」という言葉は、残響という意味で使うことが多いです。

この意味が転じて、映画やドラマなどの商業作品や、詩文などに対してもこの「余韻」という言葉を使うことがあります。

一般的に使われる言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

よく使われる言葉ほど、間違った意味で使用すると恥ずかしいので、この機会に「余韻」について詳しく知っていきましょう。

余韻の意味とは

余韻という言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「音が鳴り終わったあとに、かすかに残っている響き。音が消えたあとも耳に残る響き。残響。」という意味になります。

使い方としては「トランペットの音の余韻が残る。」といった表現になります。

2つ目は「事が終わったあとにも残っている風情や味わい。」という意味になります。

使い方としては「ライブの余韻に浸っている。」といった表現になります。

そして、3つ目は「詩文などにおいて、言葉では表現されていない趣や情緒。余情。」という意味になります。

使い方としては「余韻を持たせた作品。」といった表現になります。

余韻を使った文章・例文

  1. 主人公が病魔と闘い克服する映画を見て、感動の余韻に浸っている。
  2. 日本庭園や和食器など、日本独特の風情を感じられる旅館は、感動の余韻が残るほど素晴らしかった。
  3. 話題の作家が書いた詩文は、余韻を持たせた趣のある内容だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ