「謹白」とは?意味や使い方を解説!

「謹白」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「謹白」について解説します。

目次

  1. 謹白
  2. 謹白の意味とは
  3. 謹白を使った文章・例文

謹白

謹白(きんぱく)」という言葉は手紙の結びの文言として知っている人も多いと思います。

特にビジネスシーンではよく使われる言葉ですので正しく使いたい言葉ですね。
「謹白」はビジネスシーンの正式な手紙などでよく使われる言葉ですが、その意味や使い方は詳しく知らない人が多いかもしれません。
似た使い方をする「敬白」や「敬具」との違いも知っておきたいですね。

この記事では「謹白」の意味や使い方などを解説します。

謹白の意味とは

>

「謹白」の意味は「(手紙や文書の結びに使用して)つつしんで申しのべること」です。
社屋移転案内や社名変更、幹部の就任などビジネスシーンの手紙で使うことが多く、頭語の「謹啓」とセットで使われることがほとんどです。

「謹啓・謹白」の組み合わせは特に敬意が大きいものとして知られていますから、ビジネスなどで使われる傾向があります。

頭語「謹啓」のセットで結語「敬白」を使う人もいますが、これはマナーとして正しいかどうかがいまだに意見が分かれています。

また、「謹啓・謹白」以外に手紙で使う頭語、結語には「拝啓・敬具」があります。これは同様に、「つつしんで申し上げる」という意味がありますが、ビジネスシーン以外にも使えるより一般的な言葉と言えます。

謹白を使った文章・例文

  1. 「謹啓・謹白」と「拝啓・敬具」の違いは、使う場面だ。ビジネスシーンで主に使うか、それ以外の場面でも幅広く使えるかが違う。
  2. 「謹白」は敬意を示すのに使える言葉なので、取引先などに送る文書や手紙にはしっかりと使うように。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ