「奢る」とは?意味や使い方を解説!

「奢る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「奢る」について解説します。

目次

  1. 奢る
  2. 奢るの意味とは
  3. 奢るの使い方・例文

奢る

奢る(おごる)」という言葉は、日常会話の中でもよく使う言葉ですね。特に学生時代には「先輩に奢ってもらう」経験がある人も多いのではないでしょうか。

「奢る」には同音異義語もありますので、あわせて知っておきたいですね。また、「奢る」の正確な意味も知っておきましょう。

この記事では「奢る」の意味や使い方などを解説します。

奢るの意味とは

「奢る」の読み方は「おごる」です。

「奢る」の意味は「分不相応な贅沢をする」「自分のお金で人に振舞う・ごちそうする」です。特に後者の意味で使う機会が多いですね。学校や会社の先輩後輩の関係、または友人同士でも「お礼に食事を奢るよ」などのやり取りはよくされているのではないでしょうか。

「奢る」には同音異義語があります。

「驕る」「傲る」と書くもので、「才能や地位などを誇る。それを頼りにしてわがままで自分勝手な振舞いをする」の意味があります。

同じ「おごる」でも、意味が大きく変わってきますので間違わないように文脈に合わせて正しい使い方をしたいですね。

 

>

奢るの使い方・例文

  1. この前のプロジェクトを手伝ってくれて本当に助かった。今日は食事を奢るから何でも好きなものを食べてください。
  2. 傲るものは久しからず。彼も今のように調子に乗って暮らしていれば、それほど長くは楽しい時間が続かないことにいずれ気づくことになるだろう。
  3. 驕る性質のある人は仲間に嫌われる。なぜなら、周りの協力によって今の自分の地位があることや成功につながっていることに気づくことができないからだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ