「有酸素運動」とは?意味や使い方を解説!

「有酸素運動」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「有酸素運動」について解説します。

目次

  1. 有酸素運動
  2. 有酸素運動の意味とは
  3. 有酸素運動を使った文章・例文

有酸素運動

有酸素運動」という言葉について解説します。

昨今の健康志向や、ダイエットの話題、またはアスリートの話の中などでよく耳にするようになった言葉の一つだと思います。

漢字を見ればどんなものなのか想像つきそうですが、ここでは有酸素という言葉としての意味や内容を紹介します。

専門用語解説のような難しい内容にはならないので、軽い気持ちで最後までご覧になってみてください。

有酸素運動の意味とは

有酸素運動とは「十分な呼吸を確保しながら行う運動のこと」という意味になります。

呼吸を十分にしながら運動をするということは、組織に継続的に酸素を取り入れることができ、脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変えることができます。

ということで、脂肪燃焼効果が高い運動の仕方といわれており、ダイエットの話題などで出てくることが多くなっているようです。

運動は有酸素運動と無酸素運動の二つに分けられますが、無酸素運動は脂肪や糖質をエネルギーに変えるのではなく、グリコーゲンなどの物質を一気にエネルギーに変えて行う運動です。

瞬発的な力はでますが、持続性は低いエネルギーの使い方で、短距離走や重量挙げなどが無酸素運動の代表的な例です。

>

主な有酸素運動

  • 早足でのウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • 自転車
などが、身近にある代表的な脂肪燃焼効果のある有酸素運動として挙げられます。

有酸素運動は20分以上継続して行うと効果が出始めるので、20分を目安にして行ってください。

有酸素運動を使った文章・例文

  • 毎朝の散歩をすこしスピードアップするだけで有酸素運動に変わり、ダイエットになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ