「プリザーブドフラワー」とは?意味や保存期間を解説!

「プリザーブドフラワー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プリザーブドフラワー」について解説します。

目次

  1. プリザーブドフラワー
  2. プリザーブドフラワーの意味とは
  3. プリザーブドフラワーの保存期間とは

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー」という花のことをご存知でしょうか。

多くの人が一度は見たり触ったりしたことがある花のことを指す言葉ですが、日本ではこの呼び方がされることがほとんどないため、実物ほどポピュラーではありません。

ここではそんな「プリザーブドフラワー」について、「ブリザードフラワー」という呼称についても詳しくご紹介していきます。

プリザーブドフラワーの意味とは

プリザーブドフラワーとは、「水分を抜いた花」のことを指します。

脱水作用がある特殊な液体に入れることで花の水分を抜き、乾燥させた花を英語の「Preserved(保つ)」という意味からプリザーブドフラワーと呼ばれています。

水分を抜くことで生花よりも長い期間ある程度の瑞々しさを保つことができるため、長期間飾る場合などには生花よりも重宝されています。

日本では発音の難しさと意味が似ていることから「ブリザードフラワー」と呼ばれることの方が多く、プリザーブドという呼び方はほとんど浸透していません。

>

プリザーブドフラワーの保存期間とは

ではプリザーブドフラワーは花から水を抜くことでどれだけの期間保存できるようになるのかについてですが、平均して2~3年は保つと言われています。

生花よりも保存が楽になる代わりに、破損しやすく、湿気や紫外線に弱くなってしまうため、高温多湿の部屋で直射日光が当たる環境で保存していると、もっと早く劣化してしまいます。

一方で、湿気や紫外線を避けた環境で保存されたもので、7~10年保ったものもあると言われています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ