「触発」とは?意味や使い方を解説!

「触発」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「触発」について解説します。

目次

  1. 触発
  2. 触発の意味とは
  3. 触発の使い方・例文

触発

触発」という言葉の意味や使い方について、解説します。

読み方は「しょくはつ」となります。

この「触発」という言葉には、意味が2つあります。

また、似た言葉に「感化」があります。

今回は、「触発」について、「感化」という言葉との違いについても解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

触発の意味とは

>

触発(しょくはつ)の意味は大きく分けて2つあります。

一つ目は「物に触って爆発すること。物に触れることで、それが発動・発射したり爆発したりすること。
という意味になります。

使い方としては「不発弾が触発する。」「魚雷が触発した。」「触発機雷」といった表現になります。

そして、二つ目は「目にしたものや聞いたことに刺激されたことをきっかけに、事を始めること。刺激を与えることで、行動意欲を起こさせること。」という意味になります。

使い方としては、「友人が描いた絵画に触発される。」といった表現になります。

また、触発と似た言葉の「感化」とは「考えや行動などに影響を与え、それを変化させること。」という意味になります。

使い方としては「友人の考えに感化された。」といった表現になります。

二つの言葉の違いとしては、触発の意味合いが「刺激を与えることで相手を突き動かす。」となり、感化は「影響を与えることで、自然にそれを考えさせる。」という意味合いがあるので、このニュアンスによる違いが大きいです。

触発の使い方・例文

  1. 尊敬するアーティストの作品に触発される。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ