「サブリミナル効果」とは?意味や使い方を解説!

「サブリミナル効果」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サブリミナル効果」について解説します。

目次

  1. サブリミナル効果
  2. サブリミナル効果の意味とは
  3. サブリミナル効果を使った文章・例文

サブリミナル効果

サブリミナル効果」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「サブリミナル効果」は、販売活動などで用いられていますが、心理学上はその効果を否定されています。

また、この効果の悪用を危惧する声もあります。

日常生活やビジネスの場などでは、あまり耳にする言葉ではないかと思うので、この機会に「サブリミナル効果」について深く理解していきましょう。

サブリミナル効果の意味とは

サブリミナル効果とは「潜在意識や、人間が明確に認識している意識と潜在意識の境界領域に対して、刺激を加えることで現れるとされている効果。」という意味になります。

具体的な例を挙げると、テレビの映像やラジオの音声において、知覚できないほど速度や音量を持った短時間の映像、音などを繰り返して差し込むことで、視聴者の購買欲を搔き立てるといった方法などを指します。

このサブリミナル効果は心理学上は否定されていますが、悪用を問題視する声も上がっています。

また、実際にサブリミナル効果を取り入れた販売活動も行われています。

この「サブリミナル効果」は、1957年に、マーケティング業を行っていた男性が、映画館で上映された映画の中で、「コーラを飲め」や「ポップコーンを食べろ」といったメッセージが入ったコマを5分ごとに繰り返し差し込んだ実験を行ったところ、実際にコーラやポップコ―ンの売れ行きが上がったという例から、一般的に知られるようになったとされています。

>

サブリミナル効果を使った文章・例文

  1. テレビやラジオの中で、認識できないほどの短時間に商品の宣伝を指し込むことで視聴者の購買欲を搔き立てることをサブリミナル効果というが、心理学上は否定されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ