「二日酔い」とは?意味や使い方を解説!

「二日酔い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「二日酔い」について解説します。

目次

  1. 二日酔い
  2. 二日酔いの意味/症状とは
  3. 二日酔いを使った文章・例文

二日酔い

皆さんは、「二日酔い(ふつかよい)」という言葉をご存知でしょうか。
お酒をよく飲む方であれば、一度ぐらい経験しているかも知れません。

この記事では、「二日酔い」の意味を解説させていただきます。

二日酔いの意味/症状とは

「二日酔い(ふつかよい)」とは、「酒などのアルコールを摂取し過ぎることで起こる身体的な不調」です。アルコールは人の体の中で分解されるものですが、その分解が追いつかない程に飲んでしまうと二日酔いを起こしてしまいます。
二日酔いの症状ですが、頭痛や吐き気といったものが酒を飲んだ翌日の起床直後に現れます。基本的に二日酔いは、夜間に酒を飲むことで翌日までアルコールの分解と体外への排出が終わらなかった時に起こります。

二日酔いの対処法ですが、睡眠が最も効果的とされています。
また、体がアルコールの排出により脱水症状を起こしているので、水分補給が大事です。また、お茶やコーヒーなどカフェインには利尿作用があるのでできるだけ避けましょう。肝臓でのアルコールの分解に糖分を使ってしまうので、水よりはスポーツドリンクが適しています。
迎え酒を行うこともありますが、酒に酔うことで体の不快感を麻痺させているだけで体への負担がより大きくなってしまうので、これはやめておきましょう。

>

二日酔いを使った文章・例文

ここで、「二日酔い(ふつかよい)」を使った例文をご紹介します。

1.二日酔いの所為で頭痛がひどいんだ。
2.酒に弱い癖にヤケ飲みなんてするから二日酔いになるんだ。
3.二日酔いで苦しいんだから、大声を出さないでくれ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ