「ハイボール」とは?意味や由来を解説!

「ハイボール」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハイボール」について解説します。

目次

  1. ハイボール
  2. ハイボールの意味とは
  3. ハイボールを使った文章・例文

ハイボール

皆さんは、「ハイボール」をご存知でしょうか。
最近ではハイボールが人気で流行もになっているなどのニュースもあるので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ハイボール」について解説させていただきます。

ハイボールの意味とは

「ハイボール」とはお酒の一種です。ウイスキーを炭酸水で割ったものがハイボールの元祖ですが、スピリッツやリキュールをトニックやソーダといった炭酸水、ジュースなどのアルコールの含まれない飲料で割ったものを総じてハイボールと呼びます。
スピリッツとは蒸留酒のことで、アルコール度数が高いのでハイボールなど割って飲むのが定番とされています。
日本では特に、焼酎やウォッカをベースにしたカクテルを焼酎ハイボール、チューハイと呼んでいます。

ハイボールという名前の由来ですが、様々なものがあります。サントリーでは、イギリスのゴルフ場でウイスキーを飲んでいた人が自分の番を知らされ、慌ててすぐ傍にあったチェイサーにウイスキーを入れて飲んだところ非常に美味しかった。そこにたまたま高く上がったボール(high ball)が飛んで来たという説を由来としています。

>

ハイボールを使った文章・例文

ここで、「ハイボール」を使った例文をご紹介します。

1.最近、若い人の間でハイボールが流行っているらしい。
2.バーでハイボールをオーダーするのは、お酒を全く知らない人がすることだよ。
3.ハイボールじゃなくて、ちゃんとカクテルの名前を覚えて来て欲しいものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ