「虚無感」とは?意味や使い方を解説

「虚無感」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「虚無感」の意味や使い方・例文を解説していきます。

目次

  1. 虚無感
  2. 虚無感の意味
  3. 虚無感の例文・使い方

虚無感

虚無感(きょむかん)」という言葉の意味について解説します。

「虚無感にかられる」のような形で使われる、虚無感という言葉を聞いたことはありませんか?虚無という言葉自体も難しく、日常ではあまり使われない言葉なので文章を見てもどういった感じのことを指すのか、意味が分かりづらいですね。

そんな難しい虚無感という言葉ですが、この機会に虚無感という言葉の意味を知ってみましょう。

虚無感の意味

虚無感は「この世に存在する全てのものに価値や意味を感じられず、むなしく思うこと」となります。

虚無という言葉は「何物もなくむなしいこと」や「無限の宇宙」という意味を持っています。全く何もない宇宙空間をイメージしてみてください。どこを見渡しても全く何もない、まさに虚無空間…それを人間の感情として表した言葉が「虚無感」というわけです。類語に「空虚感」というものもあり、ほとんど同じ意味の言葉です。

この虚無感という言葉は、実は人間には身近なものなんです。日常を仕事に追われ、ふと自分の人生って何なんだろう、なんて考えてしまう人は少なくありません。考えた結果覚えてしまうむなしさ…それが虚無感です。この状態が長く続いたり、考えすぎてうつ病になってしまうというケースもあるので、注意しましょう。

虚無感の例文・使い方

  • 自分の積み上げてきたことが無駄になってしまい、虚無感に襲われた。
  • 達成感と虚無感は紙一重で、どちらに転んでもおかしくはない。
  • うつ病になってからは、何事にも虚無感しか覚えず辛い日々が続いた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ