「参画」とは?意味や使い方を解説!

「参画」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「参画」について解説します。

目次

  1. 参画
  2. 参画の意味とは
  3. 参画の使い方・例文

参画

参画」という言葉の意味をご存知でしょうか。

男女共同参画社会という社会政策にも使われ、学校でも習う言葉ですが、日常生活で多く使われる言葉ではないため意味や読み方に自信がないという方も少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「参画」について詳しくご紹介していきます。

参画の意味とは

参画とは、「計画に携わること」を意味します。

企業が計画している事業や、政府が進める政策などに加わり、一緒になって計画や政策を進めることを指す言葉です。

読み方は「さんかく」です。よくある間違いに「さんが」や「さんか」という読み方がされますが、「さんかく」としか読まないため注意が必要です。

またここでいう加わるとは、計画に関わっていることを指すため、必ずしも事業の中心にいることは意味せず、事業を進める相談に乗ることも参画に含まれます。

参加や参入との違い

似た意味の「参加」や「参入」との違いについて解説します。

参加とはある集まりの一員になることを意味し、参画のように一員となった実際に行動をすることがなくても成立します。

また参入とは、主にこれまで手を出していなかった分野に加わることを意味するため、参画とは大きく意味がことなります。

参画の使い方・例文

  1. いつもはおっとりとしてどこか頼りないゼミの教授が、市が進める新たな都市計画に参画すると聞いて、俄然凄い人に見えてきた。
  2. 男女共同参画も、男女平等参画も、どちらも謳っているだけで政策よりもむしろ女性個々人の頑張りによって実現している気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ