「負けん気」とは?意味や使い方を解説!

「負けん気」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「負けん気」について解説します。

目次

  1. 負けん気
  2. 負けん気の意味とは
  3. 負けん気の使い方・例文

負けん気

負けん気(まけんき)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「負けん気」という言葉は一般的に使われており、よく「負けん気が強い」という使い方をされ、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

また、この「負けん気」という言葉には、類語が複数あります。

「利かん気」や「勝気」、「負けず嫌い」などがあり、これらの言葉も一般的に使われています。

今回は、これらの類語についても解説するので、この機会に「負けん気」について深く理解していきましょう。

負けん気の意味とは

>

負けん気(まけんき)とは「負けることが嫌いで、簡単には引き下がらないという性質。また、負けたくないという気持ち。」という意味になります。

よく「負けん気が強い」という使い方をします。

また、似た言葉に「利かん気」「勝気」「負けず嫌い」があるので、それぞれの意味について解説します。

まず、「利かん気」とは「人に負けたり、人の言いなりになったりすることを激しく嫌う性質。」という意味です。

続いて、「勝気」は「人に負けまいという強い気性。」という意味です。

そして「負けず嫌い」は「負けることを嫌う勝気な性質。」という意味になり、それぞれが極めて近い意味合いを持っています。

この機会に合わせて覚えておきましょう。

負けん気の使い方・例文

  1. 柔道家の彼女は、持ち前の負けん気の強さを武器に大きな大会で優勝した。
  2. 負けん気が強いのは良いことだが、周りに敵ばかり作っては自分のためにも良くない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ