「五月病」とは?意味や使い方を解説!

「五月病」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「五月病」について解説します。

目次

  1. 五月病
  2. 五月病の意味とは
  3. 五月病を使った文章・例文

五月病

五月病」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「五月病」とは、環境の変化に適応できないことなどを起因として、5月に現れる心身症状を指します。

しかし、正式な医学用語ではありません。

なんとなく耳にしたことはあっても具体的な症状はわからなかったり、気分の問題と考えている方もいるかもしれません。

そこで、今回は「五月病」について詳しく解説します。

五月病の意味とは

五月病とは「四月に入った大学の新入生や、新入社員などに見られる精神的な症状。新しい環境に適応できないことなどが起因とされる。五月頃に見られることが多い。」という意味になります。

この五月病は、正式な医学用語ではなく、前述した時期に現れる精神的に不安定になる症状の総称です。

医学的な診断名としては、「適応障害」や「うつ病」とされることが多いです。

主な症状は、抑うつ状態や不安感、無気力、不眠、疲労などのうつ病に似た心身症状を訴える場合が多いです。


発症に至る例を挙げると、新しい環境へ順応できないまま5月のゴールデンウイークの長期休暇に入ることで、疲れが一気に噴き出し、心身の不調が現れるというものがあります。

>

五月病を使った文章・例文

  1. 新入社員がゴールデンウイーク明けから、うつ状態や無気力の症状を訴え休んでおり、皆で五月病ではないかと心配している。
  2. 五月病は、気分の問題と軽く考えられがちだが、悪化するとうつ病などの精神疾患を発症する危険もある。
  3. 五月病になってしまった人に対して、厳しい言葉をかけるべきではない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ