「売春」とは?意味や使い方を解説!

「売春」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「売春」について解説します。

目次

  1. 売春
  2. 売春の意味とは
  3. 売春を使った文章・例文

売春

売春」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「売春」とは、日本においては犯罪行為となります。

ニュースや新聞などで目にする機会はあっても日常会話では、あまり使用しない言葉ではないでしょうか。

また、あまり深く知る機会がない言葉でもあるかと思います。

今回は、「売春」について定義などを詳しく解説するので、この機会に深く理解していきましょう。

売春の意味とは

売春とは一般的に「双方の合意のもとで金品を対価とし、不特定多数の相手と行われる性行為。売色や売笑などともいう。常習的なものを指し、好意を得ることを目的としたものや、金品が対価とされていても特定の個人を相手にした性行為は、売春にあたらない。また、常習でなくても一度の性行為で売春とみなさられることもある。」という意味になります。

日本の売春防止法においては、売春とは「報酬を受ける約束で不特定多数の相手と性行為をすること。」と定義されています。

したがって、報酬を受けて性行為を行っても愛人や恋人関係にある場合は、売春にはあたらないとされています。

売春が犯罪行為であると定められたのは、1946年にGHQが下した公娼廃止指令に基づき赤線を除いた遊郭が、廃止されたことからです。

そして、1958年施行の売春防止法によって赤線も廃止となり、売春の斡旋なども刑罰の対象となっています。

>

売春を使った文章・例文

  1. 売春は、日本では犯罪だが、合法化されている国もある。
  2. 売春は、世界的に見ると人身売買や貧困などさまざまな社会問題を孕んでいる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ