「もどかしい」とは?意味や使い方を解説!

「もどかしい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「もどかしい」について解説します。

目次

  1. もどかしい
  2. もどかしいの意味とは
  3. もどかしいを使った文章・例文

もどかしい

皆さんは、「もどかしい」という言葉をご存知でしょうか。
日常会話でも使う言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「もどかしい」の意味を解説させていただきます。

もどかしいの意味とは

「もどかしい」とは、「物事が進まなくてじれったい」「思うようにならずいらいらする、歯がゆい思いをする」という意味です。
「じれったい」「いらいらする」「歯がゆい」はいずれも「もどかしい」の類語です。類語なので、ほとんど同じ意味で使われています。

「じれったい」「いらいらする」「歯がゆい」と「もどかしい」の違いですが、他人への感情です。
例えば「あの人を見ているとじれったい」というのは、自分以外の人の行動へのいらだちです。
「あの人を見ているといらいらする」と言うのは、その人に対しての怒りの感情です。
「あの人を見ていると歯がゆい」というのは、相手の行動を自分が叶えられない物事への焦りと重ねてもどかしい思いをしているという意味になります。
このことから、「もどかしい」に最も近いのは「歯がゆい」であると言えます。

>

もどかしいを使った文章・例文

ここで、「もどかしい」を使った例文をご紹介します。

1.会議中に誰も意見を出さないので、ひどくもどかしい思いをしている。
2.靴を脱ぐ時間すらもどかしくて、転がり込むように部屋に入った。
3.電車を待つ時間すらもどかしくて、駅でずっといらだちを隠せずにいた。
4.友達が困っているのに何もできない自分が情けなくてもどかしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ