「思いやり」とは?意味や使い方を解説!

「思いやり」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「思いやり」について解説します。

目次

  1. 思いやり
  2. 思いやりの意味とは
  3. 思いやりを使った文章・例文

思いやり

思いやり」という言葉をご存知でしょうか?
皆さん、人生の中でいろいろな「思いやり」に出会ったことがあるのではないでしょうか。
あるいは「思いやりのない行い」に憤りを感じたこともあるのでは?
ということで、今回は「思いやり」について解説していきます。

思いやりの意味とは

「思いやり」とは、「他人の気持ちに配慮すること、思慮深く他人に接すること」を表す言葉です。思慮深いとは、物事を注意深く、十分に考えるさまという意味です。
思いやりのある人というのは、他者の気持ちを推量し、そこから相手がどういうことを望んでいるのかを注意深く考えて接することのできる人ということになります。

>

思いやりのある人の特徴

人間関係を円滑にするには、思いやりは不可欠です。では、思いやりのある人とはどんな人なのでしょうか?

・相手の気持ちを否定しない
 思いやりのある人は、相手の気持ちを否定しません。相手の心にそっと寄り添います。
・相手の痛みに共感できる
 思いやりのある人は、人の痛みに敏感です。同情心を持って相手に接します。
・相手の心に踏み込みすぎない
 いくら同情しているからといって、あまりにも自分の気持ちを押し付けすぎると
 かえってよくありません。思いやりのある人は節度のある人です。
・見返りを求めない
 見返りを求めるということは、親切にすることに打算があるということです。
 思いやりのある人は、損得を計算せずに動ける人です。
・常に笑顔で接する
 笑顔は、人間関係を円滑にします。
 

思いやりと忖度

「忖度(そんたく)」とは、他人の内心を推量して、その気持ちに沿った(と思われる)行動をとることです。思いやりとよく似た言葉ですが、否定的なニュアンスをまったく含まない「思いやり」に対し、「忖度」には、他者に阿る(おもねる・気に入られるように振る舞うこと)ようなニュアンスが付加されていることが多いため、使い方には注意が必要です。

思いやりを使った文章・例文

1.誰もが思いやりをもって接することができれば、世界は平和だろう。
2.わたしは思いやりのある人になりたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ