「憤る」とは?意味や使い方を解説!

「憤る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「憤る」について解説します。

目次

  1. 憤る
  2. 憤るの意味とは
  3. 憤るを使った文章・例文

憤る

憤る」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「憤る」という言葉は、主に「腹を立てる」や「不満を抱く」、「憤慨する」といった意味を持ちます。

また、この「憤る」という言葉には、読み方が2つあります。

そして、その読み方によって意味も異なります。

今回は、2つの読み方それぞれの意味について解説するので、この機会に詳しく理解していきましょう。

憤るの意味とは

憤るという言葉は、「いきどおる」と「むずかる・むづかる」と2つの読み方があり、それぞれ違う意味を持ちます。

まず、憤る(いきどおる)と読む場合の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「激しく腹を立てること。憤慨すること。」という意味になります。

使い方としては、「容姿を侮辱されて憤る。」といった表現になります。

2つ目は「不満を抱くこと。気持ちがすっきりしないで苦しむこと。」という意味になります。

そして、憤る(むずかる・むづかる)と読む場合の意味は大きく分けて2つあります。

まず1つ目は「子供の機嫌が優れず泣いたりすねたりすること。」という意味になります。

そして、2つ目は「機嫌が悪くなったり、ぶつぶつと小言を言うこと。」という意味になります。
 

>

憤るを使った文章・例文

  1. 彼は、信頼していた友人に裏切られて激しく憤った。
  2. 友人の子供は、すぐ憤るので手が焼ける。
  3. 彼女は、好意を寄せていた男性に容姿をからかわれて、とても憤っていた。
  4. 激しい憤りの感情をどこへぶつけたら良いのかわからない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ