「第六感」とは?意味や使い方を解説!

「第六感」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「第六感」について解説します。

目次

  1. 第六感
  2. 第六感の意味とは
  3. 第六感を使った文章・例文

第六感

「第六感」という言葉をご存知でしょうか?

ピンときたことを「第六感が働いた」なんて表現することもありますね。
また、ブルース・ウィリス主演の映画『シックスセンス』も実は第六感のことです。

今回はなんだか不思議な言葉、「第六感」について解説します。

第六感の意味とは

「第六感」とは、人間が認識する五感とは違う「何か」を表す感覚です。五感とは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5種類で、その次の6番目の感覚という意味になります。
霊感や超能力を「第六感」ということもあります。

>

第六感の類義語

第六感の類義語には次のようなものが挙げられます。

・インスピレーション
 【例文】インスピレーションは、日常のふとした時に降りてくる。
・直感(ちょっかん)
 【例文】論理的に考えるより直感で動くタイプだ。

霊感

霊感とは、神や仏など人知を超えた存在を感じる能力のことです。霊感がある人には、幽霊が認識できるともいわれています。映画『シックスセンス』では、死者が見える少年がでてきます。彼の能力がシックスセンス(第六感)というものです。
霊感を持つ人の中には、聖職者や預言者、また僧侶など「神の啓示(お告げ)」を聞くことができる者もいるといわれています。

超能力

超能力とは、現代科学では解明できない超自然的な能力の総称です。超能力には、いくつかの種類があると考えられています。

【超能力の種類】
  超感覚的知覚(ESP):テレパシーや予知能力、透視・千里眼などのこと。
  念動力(PK):手を触れずに物を動かす能力。
  サイコメトリー:過去の記憶を読み取る能力。
  瞬間移動(テレポーテーション):一瞬で違う場所に現れる。
  念写:写真に自分のイメージを映しこむ能力。

第六感を使った文章・例文

1.「今日は遅くなる」という言葉を聞いて第六感が働いた。ヤツは浮気している…!!
2.私の第六感が、この写真に取りついた霊はたちが悪いと告げている!!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ