「在宅」とは?意味や使い方を解説

「在宅」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「在宅」の意味や使い方・例文・類語を解説していきます。

目次

  1. 在宅
  2. 在宅の意味
  3. 医療用語としての「在宅」
  4. 在宅の例文・使い方

在宅

在宅(ざいたく)」という言葉の意味について解説します。

他人の家に訪問する時に、事前に電話で連絡してその人がいるかどうか確認したりしますよね。その時に、電話口で「~さんはご在宅でしょうか」と尋ねていると思いますが、この在宅という言葉の意味をちゃんとご存知でしょうか?もしご存知でなければ、この機会に知ってみましょう。

在宅の意味

在宅の意味は「外出しないで、自分の家にいること」となります。

自宅に在るので「在宅」と、そのままシンプルに分かりやすい言葉です。よく使われるのは「ご在宅でいらっしゃいますか」のように、敬語で該当の人物がいるのかどうかを聞く時ですね。

基本的には上記の意味ですが、アイドルヲタの用語でも「在宅」が用いられおり、そちらでの意味は「ライブやイベントに参加せず、自宅で推しているアイドルを応援するファン」という意味になります。豆知識としてどうぞ。

類語

在宅の類語は下記となります。

  • 在邸
  • 在室

医療用語としての「在宅」

在宅という言葉は、医療用語として聞く事も多いですね。よく聞くであろう言葉として「在宅医療」「在宅介護」の二つの言葉が挙げられます。この二つの言葉の意味も説明いたします。

在宅医療は「自宅での療養を希望する患者に対する医療行為」となります。医師の定期訪問診療や緊急往診、看護師の訪問看護がこれにあたります。

在宅介護は「高齢者などの要介護者を自宅で介護すること」となります。一緒に住んでいる家族の介護や、訪問介護・訪問看護・デイサービス・デイケア・ショートステイなどがこれにあたります。

在宅の例文・使い方

  1. お世話になっております。~様は、本日ご在宅でいらっしゃいますか。
  2. 在宅医療のおかげで、足の不自由な祖母もしっかりと治療を受けることができて安心だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ