「本懐」とは?意味や使い方を解説!

「本懐」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「本懐」について解説します。

目次

  1. 本懐
  2. 本懐の意味とは
  3. 本懐を使った文章・例文

本懐

皆さんは、「本懐(ほんかい)」という言葉をご存知でしょうか。
日常生活ではあまり使わない言葉なので、聞いたことの無い方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「本懐」の意味と類語を解説させていただきます。

本懐の意味とは

「本懐(ほんかい)」とは、「本意」「本望」「願い」「本来の希望」という意味です。
「本懐を遂げる」という言葉を聞いたことのある方もいらっしゃると思います。これは、「願いを叶える」「目標を達成する」という意味です。
本懐は、「男子の本懐」に代表される通り、古くから男性が使う言葉だとされています。
男性特有のものである理由は、昔から日本では「国の為に」と言う軍人の姿がありました。軍人とは男性なので、軍人が「国の為」に掲げた本懐こそが、「男子の本懐」という言葉です。
例え軍人でなくとも、日本は「男のプライド」や「男ならやってみせろ」という考えが根強く存在するので、そういった風潮の中でも「男子の本懐」という言葉が生まれ、本懐とは男性のものであるという考えが生まれました。

本懐の類語は、「願い」「希望」「本意」などが挙げられます。いずれも、いつかは成就したい願いや希望、目標という意味が込められています。

>

本懐を使った文章・例文

ここで、「本懐(ほんかい)」を使った例文をご紹介します。

1.国の為に戦うという本懐を遂げた以上、思い残すことは無い。
2.悲願の成就には多くの困難が待ち受けるが、本懐を遂げる為にも諦めずに前進するしかない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ