「高嶺の花」とは?意味や使い方を解説!

「高嶺の花」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「高嶺の花」について解説します。

目次

  1. 高嶺の花
  2. 高嶺の花(たかねのはな)の意味とは
  3. 高嶺の花の使い方・例文

高嶺の花

高嶺の花」という言葉について解説します。

「俺なんかには高嶺の花だよ」なんてセリフはドラマや恋愛において定番の言い回しだと思います。皆さんも見聞きしたことは幾度となくあるのではないでしょうか。

たいていその相手は美人で知的で優しくて…といった誰もが羨む理想的な女性だったりします。

ここではそんな「高嶺の花」という言葉の意味や使い方、由来などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

高嶺の花(たかねのはな)の意味とは

高嶺の花(たかねのはな)とは「遠くから見るだけで手に入らないもの・憧れるだけで自分には程遠いものの例え」という意味になります。

ということで、実は恋愛や女性に対してだけに使われる言葉ではありません。

高級車やマンション、高級ブランド品など、男女問わずに人それぞれに高嶺の花があるのではないでしょうか。

とはいっても、やはり一般的に多く使われるのは恋愛における「誰もが羨む魅力的な女性」を指して使われることが多いかもしれませんが、覚えておくとよさそうです。

>

高嶺の花の由来

高嶺の花の「高嶺」とは山の一番高いところという意味があり、見えるけど手の届かない場所です。

そこに咲いている花は欲しいと思っても摘むことはできないということから、現在の意味で使われているようです。

高嶺の花の使い方・例文

  • 高嶺の花だと諦めていたが、ダメ元でアタックしたのが功を奏した。
  • タワーマンションなんて、平社員の俺には高嶺の花だなぁ。
  • 誰もが高嶺の花だと諦めているせいで、実は彼女は何年も彼氏がいない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ