「意趣返し」とは?意味や使い方を解説!

「意趣返し」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「意趣返し」について解説します。

目次

  1. 意趣返し
  2. 意趣返しの意味とは
  3. 意趣返しの使い方・例文

意趣返し

意趣返し(いしゅがえし)」という言葉は日常的に聞く機会は少ないですが、本を読むのが好きな人は、文学の中で使われているのを見たことがあるのではないでしょうか。

「意趣返し」は意味を勘違いして誤用しやすいので、気を付けたい言葉です。また、読み方も難しいのでこの機会に知っておいてくださいね。

この記事では「意趣返し」の意味や使い方、読み方などを解説します。

意趣返しの意味とは

>

「意趣返し」は「いしゅがえし」と読みます。

「意趣返し」の意味は「恨みを返すこと」「復讐」です。単なる仕返しではなく、「恨み」に重点が置かれた言葉なので、かなり深刻な場面で使われる言葉だと言えるでしょう。

具体的には大人同士の複雑な人間関係や、国や企業同士の関係での仕返しにおいて使われる言葉だと覚えておいてください。

誤用としてありがちなのが、皮肉を言うといった意味で使うことです。意趣という言葉から、「うまいこと言う」ことだと勘違いして、皮肉の意味が含まれていると勘違いされがちです。

意趣には様々な意味がありますが、「意趣返し」の中では「恨み」という意味で使われているので注意してください。

意趣返しの使い方・例文

  1. 意趣返しをしたいと思っていても、その先のことが気になってしまって実行する人は少ない。
  2. 10年前にひどいことをされた意趣返しに、あいつの仕事がうまくいかないように裏で手を回しているんだ。
  3. 積り積もったいらだちが、今回の異様な形での意趣返しとなって現れたんだ。本当、人の恨みは買うもんじゃないよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ