「漲る」とは?意味や使い方を解説!

「漲る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「漲る」について解説します。

目次

  1. 漲る
  2. 漲るの意味とは
  3. 漲るを使った文章・例文

漲る

漲る」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「みなぎる」となります。

この「漲る」という言葉には、複数の意味がありますが、一般的には「溢れるように満ちること」という意味で使用されます。

使い方としては「力が漲る」や「活力が漲る」といった表現をします。

日常会話やビジネスの場でも使用されることが多い言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「漲る」という言葉の2つの意味について解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

漲るの意味とは

漲る(みなぎる)という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「水の勢いが盛大になり、満ち溢れるさま。」という意味になります。

使い方としては「雨水が水面いっぱいに漲る。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目の意味は「溢れるように満ちること。」という意味になります。

使い方としては「活力が漲る。」といった表現が一般的です。

このように、漲るには2つの意味がありますが、一般的には2つ目の「溢れるように満ちること。」という意味合いで使用されることが多いでしょう。

>

漲るを使った文章・例文

  1. 私の会社の上司は、毎日活力漲る表情で仕事をこなしており、部下からの信頼が厚い。
  2. この生物は生命エネルギーが漲っている。
  3. 彼は、漲るパワーを仕事に全て注いているらしく、プライベートでは何をする気も起きないらしい。
  4. まだまだ若いのだから漲るパワーは、色々なところに注いだ方が良い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ