「謙虚」とは?意味や使い方を解説!

「謙虚」という言葉は日常会話でもよく登場しますよね。この記事では「謙虚」という言葉の意味や例文や反対語・対義語や類語などを解説していきます。

目次

  1. 謙虚
  2. 謙虚の意味とは
  3. 謙虚の反対語とは
  4. 謙虚の語源について
  5. 謙虚を使った文章・使い方

謙虚

謙虚(けんきょ)」という言葉の意味について解説します。

「謙虚な態度」というような使われ方をされる謙虚という言葉があります。皆様はこの謙虚という言葉の意味をご存知でしょうか。もしご存知なければこの機会に意味を理解してみましょう。


 

謙虚の意味とは

謙虚の意味は「言葉や行動を慎み、相手を敬い素直な態度で接するさま」「へりくだって、素直に相手の意見などを受け入れる」となります。
読み方は「けんきょ」です。

控え目でつつましいことが美徳とされる言葉のひとつですし、褒め言葉として使われることが多いでしょう。しかし、大人しくして、相手を持ち上げるという意味は含まれません。

 

謙虚の反対語とは

謙虚の反対語は「横柄(おうへい)、傲慢(ごうまん)、高慢(こうまん)、尊大(そんだい)」があります。

「横柄」は「威張って、人を無視した態度をとること」

「傲慢」は「奢り高ぶって人を見下すこと」

「高慢」は「自分の才能・容貌などが人より優れていると思いあがって、人を見下すこと」

「尊大」は「威張って人を見下す態度をとること」 

謙虚の語源について

謙虚は英語でhumility、ラテン語で腐葉土を意味する”humilis"からきています。

「謙虚さを失わなければ、私たちはいくらでも豊かな土壌からお恵みを頂くことが出来る。謙虚と感謝は一体である。謙虚な人は感謝を忘れず、心の土壌をより豊かにしていく」

 

謙虚を使った文章・使い方

  1. 謙虚な態度で人に接することが出来る素晴らしい人だ。
  2. どんな時も謙虚に反省することが大事です。
  3. いつ会っても謙虚な姿勢を崩さない少年だ。
  4. 謙虚になる
  5. 謙虚な心で相手に接することが大切だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ