「おべっか」とは?意味や使い方を解説!

「おべっか」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「おべっか」について解説します。

目次

  1. おべっか
  2. おべっかの意味とは
  3. おべっかを使った文章・例文

おべっか

皆さんは、「おべっか」という言葉をご存知でしょうか。
あまり日常的に使われる言葉ではないので、見聞きしたことの無い方も少なくないと思います。

この記事では、「おべっか」の意味を解説させていただきます。

おべっかの意味とは

「おべっか」とは、「相手に気に入られる為に媚びへつらう」「ご機嫌取りの為にへつらう」「口先だけで相手を褒める」という意味です。「おべっかを使う」という使い方をします。「おべんちゃら」という言い方をする場合もあります。
おべっかとは、自分よりも目上の人に対して「ご機嫌取りをする」「媚びへつらう」という意味です。自分と同等の人を褒めたり、目下の人に媚びる際はおべっかとは言いません。あまり好きではない目上の人の機嫌を取る為に、口先だけの褒め言葉を並べることをおべっかと言います。
おべっかは良い意味の言葉ではなく、「目上の人に媚びている」「ご機嫌取りばかりしている」人のことを指して、「おべっかばかり言っている」と馬鹿にする意味があります。
類語として「ゴマすり」や「おべんちゃら」が挙げられます。
「おべんちゃら」は話すことを意味する「弁」と、でまかせやデタラメを意味する「チャラ」が合わさったものです。

>

おべっかを使った文章・例文

ここで、「おべっか」を使った例文をご紹介します。

1.あの人はいつもおべっかばっかり言って、上司に気に入られようとしている。
2.彼はいつも私を褒めて来るが、おべっかだというのは一目でわかる。
3.あんなにおべっか使って、そうまでして上司に気に入られたいんだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ