「隠れ蓑」とは?意味や使い方を解説!

「隠れ蓑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「隠れ蓑」について解説します。

目次

  1. 隠れ蓑
  2. 隠れ蓑の意味とは
  3. 隠れ蓑の使い方・例文

隠れ蓑

隠れ蓑(かくれみの)」という言葉の意味や読み方、使い方について解説します。

読み方は「カクレミノ」となります。

この「隠れ蓑」という言葉には複数の意味があります。

一般的には、人目を欺くために使う表向きの名前といった意味合いで使用されることが多いです。

よく「脱税のために別名義の会社を隠れ蓑として設立する」といった表現をします。

今回は、そんな「隠れ蓑」という言葉について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

隠れ蓑の意味とは

>

隠れ蓑(カクレミノ)という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

まず、1つ目の意味は「身に付けることで姿を隠すことができるとされる想像上の蓑。鬼や天狗が持っている物とされている。」となります。

次に、2つ目の意味は「実体を隠すために行う手段。人目を欺くために使用する表向きの名前。」となります。

一般的には、この2つ目の意味で使用されることが多いです。

使い方としては「脱税のために隠れ蓑として別名義の会社を設立する。」といった表現になります。

そして、3つ目の意味は「高さが6メートルほどあるウコギ科の常緑小高木。沿岸部の暖地に生える。葉は厚く光沢があり、形は卵形。若木は深く五裂しているものが多い。夏には単黄色の小花を咲かせる。実は黒い。樹液を黄漆といい、家具の塗料として使用される。」となります。

隠れ蓑の使い方・例文

  1. あの男は、税金を支払いたくない一心で、隠れ蓑として別名義の会社を設立し、脱税した容疑にかけられている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ