「むせび泣く」とは?意味や使い方を解説!

「むせび泣く」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「むせび泣く」について解説します。

目次

  1. むせび泣く
  2. むせび泣くの意味とは
  3. むせび泣くの使い方・例文

むせび泣く

むせび泣く」という言葉の意味や使い方について解説します。

漢字では「咽び泣く」や「噎び泣く」と書きます。

この「むせび泣く」とは、泣き方を形容する言葉で、主に激しく泣くことに対して使用されます。

よく「あまりに悲しい出来事にショックを受けむせび泣く」といった表現をします。

また、この「むせび泣く」の中にある「咽ぶ」という言葉には複数の意味があります。

今回は、そんな「むせび泣く」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

むせび泣くの意味とは

むせび泣くとは「息を詰まらせて激しく泣く。喉を詰まらせ声を飲むようにして泣く。むせかえる。」という意味を持つ言葉です。

使い方としては「悲惨な目に遭いむせび泣く。」といった表現が一般的です。

漢字では「咽び泣く」や「噎び泣く」と書きます。

言葉の中にある「咽ぶ」には、以下4つの意味があります。
 

  1. ホコリや涙、飲食物などで息が詰まって咳が出る
  2. 悲しみや喜びがこみ上げて息を詰まらせながら泣くこと。
  3. 水や風がむせび泣いているような音を立てる。
  4. 流れなどがつかえること。

また、似た言葉に「すすり泣く」があります。

すすり泣くとは「鼻をすするように泣くこと。鼻で細かく息を吸うように泣くこと。」という意味を持つ言葉です。

むせび泣くが激しく泣いているイメージが強いのに対して、すすり泣くは静かに泣いているイメージが強いです。

>

むせび泣くの使い方・例文

  1. 彼は大好きな彼女に別れを告げられたショックで、むせび泣いていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ