「拘泥」とは?意味や使い方を解説!

「拘泥」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「拘泥」について解説します。

目次

  1. 拘泥
  2. 拘泥(こうでい)の意味とは
  3. 拘泥の使い方・例文

拘泥

拘泥(こうでい)」という言葉について解説します。

皆さんはこの「拘泥」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

あまり日常で見かけることは少ないと思うので、見慣れない言葉、もしくは初見の言葉といった方も少なくないのではないでしょうか。

使う機会は多くないかもしれませんが、この言葉に出会った時につまずかないように、覚えてみるとよいでしょう。

ここではそんな「拘泥」の読み方、意味、使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理して覚えてみてスマートに使えるようにしてみてください。

拘泥(こうでい)の意味とは

>

拘泥(読み方・こうでい)とは「こだわること、必要以上に気にすること」という意味の言葉となっています。

拘泥という言葉は普段ではめったに使わない言葉かもしれませんが、意味するところは実は以外にも日常でよくある物事といった感じがします。

必要以上にあることにこだわり過ぎる、気にしすぎるというのは、よくやってしまいがちな失敗の一例かもしれませんね。

ちなみに、「拘」は何かにとらわれること、「泥」は動詞では「泥む(なずむ)」といい、何かに引っかかるとそのことがずっと気になることを意味しており、この二つが合わさった言葉となっています。

拘泥の使い方・例文

  • 起きてしまった失敗に拘泥せずに、未来に向かって努力することが大切だ。
  • 勝つことに拘泥し過ぎた結果、あのような危険なタックルが行われたといえるのではないか。
  • 最近の世界情勢を見ていると、過去に拘泥してしまっている人々がいるとはいえないだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ