「そのうち」とは?意味や使い方を解説!

「そのうち」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「そのうち」について解説します。

目次

  1. そのうち
  2. そのうちの意味とは
  3. そのうちの使い方・例文

そのうち

親が子どもに言い聞かせる言葉の代表格に、「そのうち」という言葉がありますが、いつなのか、どれぐらい先なのか疑問に思った方は多いはず。

正確さが求められ、曖昧な返答ができないビジネスシーンではあまり用いられませんが、日常生活では様々な場面で用いることができるため、正確に覚えておきたい言葉です。

ここではそんな「そのうち」について、類語の「いつか」や「いずれ」との違いについてもご紹介していきます。

そのうちの意味とは

>

そのうちは、「そう長くはない先」、「近日中」を指す言葉になります。

具体的にいつなのかは発言する人や状況によって異なりますが、それほど遠くはない先の未来を指します。

一般的に年単位で用いられることは少なく、数週間から数か月で用いられることが多いとされています。

近いうちに必ず相手との約束を果たすという意志を伝える場合や、取り決めを先延ばしにしたい場合、相手の誘いをやんわりと断る場合など、様々な表現に用いられます。

類語には「いつか」や「いずれ」がありますが、近い将来を指す「そのうち」とは違い、いつかやいずれには決まった範囲がなく、状況や用いる人によって、文字通り「いつなのか分からない」言葉になります。

そのうちの使い方・例文

  1. 親になってみて、ようやく子どもに「そのうち買ってあげる」と言いたくなる気持ちが分かった。
  2. そのうち結婚相手が見つかるだろうと高を括っていたら、この歳まで彼氏すらできなかった。
  3. 社員の未払い残業代の支払いを求めたら、そのうち払うと袖にされ、ついに訴訟に踏み込むことにした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ