「ご愁傷様」とは?意味や使い方を解説!

「ご愁傷様」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご愁傷様」について解説します。

目次

  1. ご愁傷様
  2. ご愁傷様の意味とは
  3. ご愁傷様の使い方・例文

ご愁傷様

ご愁傷様」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「ごしゅうしょうさま」となります。

この言葉は、主に身内を亡くした人に対して、悔みの意味で使用します。

使い方としては「この度は、ご愁傷様です。」という表現が正しいです。

また、似た言葉に「お悔やみ申し上げます。」があります。

今回は、お悔やみ申し上げます。についても解説するので、この機会に「ご愁傷様」について詳しく知っていきましょう。

ご愁傷様の意味とは

「ご愁傷様」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「相手のことを気の毒に思う様子。身内を亡くした人に対する悔みの言葉。」という意味になります。

一般的には、この1つ目の意味で使用することが多い言葉になります。

使い方としては葬式に参列した際に、故人の身内に対して「この度はご愁傷様です。」という表現が正しいです。

続いて2つ目は「気の毒だと思う気持ちを、軽くからかう意図で使用する言葉。」という意味になります。

ちょっとしたトラブルに見舞われた人や失恋をした人などに対して「残念だったね。ご愁傷様。」というような使い方をする場合があります。

嫌味や悪意を含んだ言い方であるため、余程親しい間柄の人でない限り使用しない方が良いと言えます。

読み方は「ごしゅうしょうさま」となり、似た言葉には「お悔やみ申し上げます。」があります。

こちらも身内を亡くした人への悔みの意味で使用される言葉です。

使い方としては「心からお悔やみ申し上げます。」という表現が正しいです。

ご愁傷様の使い方・例文

  1. この度は、誠にご愁傷様です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ