「ご芳名」とは?意味や使い方を解説!

「ご芳名」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご芳名」について解説します。

目次

  1. ご芳名
  2. ご芳名の意味とは
  3. ご芳名の使い方・例文

ご芳名

ご芳名(ごほうめい)」という言葉をご存知でしょうか?

読み方は「ごほうめい」です。

結婚式など、式典の招待状には、必ず記入するので、目にすることが多いかと思います。

では、いったいどういう意味なのでしょうか。
今回は「ご芳名」について解説します。

ご芳名の意味とは

>

「ご芳名」とは、「名前」を丁寧にした表現です。

読み方は「ごほうめい」です。

「芳(ほう)」という漢字には、そもそも「良い香り」という意味があります。
また、「良い評判、立派、名誉、名声」などと云う意味も持っています。

そこから転じて、他人の物事につけて、その相手に対する敬意を表す語として用いられるようになりました。

「ご芳名」と使われるのが一般的ですが、「ご芳志(親切な心遣いに対しての言葉)」や「ご芳恩(相手から受けた恩に対しての言葉)」などとも使われます。

ご芳名の消し方

招待状などを返信する場合、記載された「ご芳名」をそのまま送付すると失礼になるため、「ご芳」までを消して、「名」だけにしてそこに自分の名前を記します。

消し方も、塗りつぶしたり適当な線を引くのはマナー違反となりますので、二重の取り消し線を丁寧に引いて消しましょう。

また、ご芳名と並んで「ご住所」と記載されている場合も多く、こちらは「ご」だけを取り消し線で消します。

葬儀や通夜に出席する場合、その場で「芳名帳」や「芳名カード」などに名前を記入しますが、このときは、特に消す必要はありません。

ご芳名の使い方・例文

「ご芳名」という言葉は、上記のように、招待状や芳名帳など、特定のシーンでしか使われない特殊な言葉となります。使い方や消し方を間違えないようにしましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ