「お手数おかけします」とは?意味や使い方を解説!

「お手数おかけします」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「お手数おかけします」について解説します。

目次

  1. お手数おかけします
  2. お手数おかけしますの意味とは
  3. お手数おかけしますの使い方・例文

お手数おかけします

皆さんは「お手数おかけします」という言葉をご存知でしょうか。

主にビジネスシーンや改まった場面で使われる言葉で、自分のために労力を割いてくれる人への感謝やお詫びを込めた使い方をする言葉です。

今回は「お手数おかけします」という言葉について詳しく解説します。

お手数おかけしますの意味とは

お手数おかけしますとは「こちらの利益になる行動をしてくれる相手に対し、感謝やお詫びを表現する言葉」です。

「お手数をおかけしますが」と表記することもあります。
助詞を省略しない形なので、こちらの「お手数をおかけしますが」の方が相手に丁寧な印象を与えることができます。

「お手数」の読み方は「おてすう」としている方が多いと思いますが、実は「おてかず」と読むこともできます。
「おてすう」だと「て」は訓読み、「すう」は音読みなので、いわゆる「湯桶読み」になっています。
一方の「おてかず」、丁寧語の「お」を外して「手数(てかず)」ですが、こちらが本来の読み方のようです。
「手数」単体では「物事を行うときの労力や手間」「碁や将棋などの対戦ゲームでの手の数」という意味になります。

相手に対し「お手数おかけします」とつけるだけで、表現を和らげるクッションになります。
「お手数ですが」と書くと、「相手に指示を出すための前置き」になります。「お手数ですが○○してくださいますようお願いいたします」というように使います。

>

お手数おかけしますの使い方・例文

  1. 本誌への寄稿の件、お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。
  2. お手数おかけします。申し出を引き受けていただきありがとうございます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ