「喚く」とは?意味や使い方を解説します!

「喚く」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「喚く」について解説します。

目次

  1. 喚く
  2. 喚く(わめく・おめく)の意味とは
  3. 喚くの使い方・例文

喚く

喚く」という言葉について解説します。

「子供がお菓子売り場で泣き喚く」なんて光景を目にした方は多いと思いうので「泣き喚く」がどういうものかはご存知だと思います。

では、「喚く」の単体の意味はいかがでしょうか。

ここではそんな「喚く」という言葉について意味や使い方、また「わめく」以外の読み方についても紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解してみてください。

喚く(わめく・おめく)の意味とは

喚くとは「大声で叫ぶ」「大声をあげて騒ぐ」という意味の言葉となります。

泣き喚くは、泣き叫ぶという言い方に近いですが「騒ぐ」といった意味も持っていることが違いとして分かると思います。

なので、お菓子売り場で子供が泣き叫ぶだと立って大声で泣いている感じがしますが、泣き喚くだと地べたに寝そべって泣いて騒いでるといったイメージができるのではないでしょうか。

ちなみに、「喚く」は「おめく」とも読みます。一般的にこの「おめく」の読み方で使うことはあまりありませんが、古語的な読み方としておさえてみてください。

おめくの意味は「大声をあげる」なので、わめくとほぼ同じです。

>

喚くの使い方・例文

  • なぜ普段大人しい彼が、重役たちも揃う会議の場で喚くような真似をしたのだろうか。
  • その子のお母さんからしたらたまったものではないかもしれないが、泣き喚く子供は迷惑に感じつつも、その一方で見ていて微笑ましくもある。
  • 近所には、些細なことでも何かにつけてすぐに喚き始める迷惑な人がいる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ