「プレスコ」とは?意味や使い方を解説!

アニメ業界で「プレスコ」という言葉が使われることがあります。聞いたことはあるけど意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プレスコ」について解説します。

目次

  1. プレスコ
  2. プレスコとは
  3. プレスコの 使い方・例文

プレスコ

プレスコ」という言葉の意味について解説します。

「プレスコ」という言葉をご存知でしょうか?日常生活の中ではあまり聞くことのない言葉ですね。アニメが好きで・声優にも詳しいといったアニメファンの方なら知っているかもしれない、というのがプレスコです。

皆様はこの言葉の意味をご存知でしょうか?
もしご存知でなければ、ぜひこの機会に意味を知ってみましょう。

プレスコとは

プレスコとは「プレスコアリング」の略称で、意味は「台詞や音楽及び歌を先行して収録する手法」となります。

アニメの制作において、収録された台詞や音楽に合わせて絵を作成します。また、ミュージカル映画でよく用いられる手法で、先に収録された歌や効果音に合わせて、俳優が演技を行います。

日本のアニメは基本的にアフレコ(アフター・レコーディング)という「映像を見ながら音声を収録する手法」で録音されています。プレスコとは逆の手法ですね。ただし、日本のアニメ制作のスケジュールはかなりタイトなので、音声の収録日に映像が間に合わないといったケースも発生することが多くあります。その時にプレスコが用いられるので、声優はアフレコにもプレスコにも対応できなければいけないのです。

現在のアニメは制作がデジタル化されているので、アフレコで収録したがアニメの口パクと合っていないといったケースで、音声に合わせて口パクを調整することがあります。これも広義のプレスコとされています。

プレスコの 使い方・例文

  1. 日本のアニメなのに全編プレスコで収録されているのは珍しい。
  2. プレスコだとキャラが違和感なく喋るのがいいよね。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ