「アウトプット」とは?意味や使い方を解説!

「アウトプット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アウトプット」について解説します。

目次

  1. アウトプット
  2. アウトプットの意味とは
  3. アウトプットを使った文章・例文

アウトプット

アウトプット」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

「インプット」の対義語にあたる言葉で、ビジネスから日常生活まで、あらゆる場面で役立つ行いのことを指すため、是非覚えておきたい言葉の一つです。

ここではそんな「アウトプット」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

アウトプットの意味とは

アウトプットとは、「出力」という意味になります。

「入力(インプット)」の対義語にあたり、物から発せられる種類や大小の異なる様々な信号や力のことを意味します。

本来は液晶画面のデジタル表示や、信号機などの光のことを指す用語でしたが、次第にビジネス用語としても用いられるようになりました。
ビジネス用語におけるインプットは、結果を出すために「経験を積む」ことを指し、アウトプットは「経験を元に成功や結果を導き出す」ことや「取り込んだ知識や経験を、文章などの形として残すこと」を指します。

日本では信号などを発することを指す場合は主に「出力」が用いられ、経験や知識を形にするビジネス用語の場合は主に「アウトプット」が用いられています。

>

アウトプットを使った文章・例文

  1. 本をたくさん読んでインプットをするのはいいが、ノートを作るなりしてアウトプットをしない限り、成長することはできない。
  2. 買ってから4年経つパソコンが、上手く出力ができなくなり、いよいよ買い替えなければと思った。
  3. 誰もが諦めていた取引を成功させ、これまで積んできた経験を見事にアウトプットすることができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ