「アジテート」とは?意味や使い方を解説!

「アジテート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アジテート」について解説します。

目次

  1. アジテート
  2. アジテートの意味とは
  3. アジテートを使った文章・例文

アジテート

アジテート(agitate)」という言葉の意味をご存知でしょうか。

歌手やアイドルなどのコンサートやライブで、「観客をアジテートする」という言葉を聞いたことがあるかと思います。ライブ好きの人にはお馴染みの言葉でも、日常生活で聞く機会は少ないため、意味を知らないという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな「アジテート」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

アジテートの意味とは

アジテート(agitate)とは、「扇動」や「目的に向かって活動すること」を意味します。

扇動とは、集団がある目的に向かって動くように仕向けることを意味します。前述の「歌手が観客を扇動する」とは、より観客が盛り上がるようにパフォーマンスを行うことや、会場が一体となるための声掛けをして、観客を煽っていくことを意味します。
また、演説などによって大衆を扇動をする人物のことを「アジテーター」と呼びます。

個人や団体に限らず、ある目的に向かって活動をすることも指し、そうした活動や言論に影響を受けることを「アジテートされる」と表現します。

>

アジテートを使った文章・例文

  1. グループが突然舞台上に登場する演出でアジテートされ、会場のボルテージは一気に最高潮に達した。
  2. 祖父は全共闘にも参加したアジテート時代の人間だが、孫の自分と会話するときは少しもそんな素振りは見せなかった。
  3. いまどき珍しいぐらいアジテートな演目を披露したその劇団は、瞬く間に人気を獲得していった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ