「マネロン」とは?意味や使い方を解説!

「マネロン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マネロン」について解説します。

目次

  1. マネロン
  2. マネロンの意味とは
  3. マネロンを使った文章・例文

マネロン

マネロン」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「マネロン」という言葉は「マネー・ロンダリング」の略ですが、皆さんはご存知でしょうか。

専門性の高い言葉なので、耳馴染みのない方もいるかもしれません。

「資金洗浄。違法行為で得た不正資金を偽装する目的で、口座を転々とさせるなどして洗浄する行為」という意味を持つ言葉です。

不正資金を洗って、正当な資金のように偽装するといった意味になります。

今回はそんな「マネロン」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。
 

マネロンの意味とは

>

「マネロン」とは「マネー・ロンダリングの略。」という意味になります。

マネーロンダリングとは「資金洗浄のこと。麻薬取引や粉飾決算、脱税などの違法行為で得た資金、テロ資金などの出所を偽装する目的で、架空口座や他人名義の口座など使用し、転々と送金させたりして洗浄する行為。」という意味を持つ言葉です。

口座から口座へと不正な資金が移動するにつれて、洗濯され正当な資金のようになってしまうことが語源です。

マネーロンダリングの手法には、不正資金を口座から口座へ転々とさせる以外にも株式や債券の購入、大口寄付など行う場合もあります。

「マネロンされた資金でないか調べる必要がある。」といった使い方をします。

マネロンを使った文章・例文

  1. マネロンされた資金であるか出所の口座を突き詰めなければならない。
  2. マネロンの手法は巧妙化され、電子マネーや大口寄付などの方法を取るケースもあるようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ