「本質主義」とは?意味や使い方を解説!

「本質主義」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「本質主義」について解説します。

目次

  1. 本質主義
  2. 本質主義の意味とは
  3. 本質主義を使った文章・例文

本質主義

本質主義」という言葉があります。

日常生活ではあまり見聞きする機会のない言葉のため、聞いたことさえないという方も少なくないかと思いますが、社会生活を送る上でもとても為になる言葉のため、この機会に是非覚えておきましょう。

ここではそんな「本質主義」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。
また、「本質主義」と関わりのある言葉の「構築主義」についても合わせてご紹介していきます。

本質主義の意味とは

>

本質主義とは、「物事の変化しない根幹の部分こそが重要だとする考え方」のことを指します。

スポーツには運の要素が大きく絡みつつも、勝負を決めるのは選手同士の実力の差であることなど、物事は複数の特性から成り立っているとしたうえで、どんな状況でも変化しない根幹の部分があるという考え方を意味する言葉になります。

また、現実社会のあらゆる出来事は、人間関係の結果によるものだとする「構築主義」という考え方も存在し、個々人の頭の中で形作られるものではなく、人々の交渉の帰結が構築するのが物事の実態という立場になります。

本質主義を使った文章・例文

  1. 物事の表面だけを見ている生徒が多く、本質主義を一から教え直さないといけないと悟った。
  2. 本質主義は結構だが、義理人情に欠いたら人の世は渡っていけない。
  3. 他の要素に気を取られ過ぎて、長年信条として来たはずの本質主義を忘れてしまっていた。
  4. 社会学を学ぶにあたって、本質主義と構築主義に興味を持てないのであれば、この先は辛いかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ