「英才教育」とは?意味や使い方を解説します!

「英才教育」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「英才教育」について解説します。

目次

  1. 英才教育
  2. 英才教育の意味とは
  3. 英才教育の使い方・例文

英才教育

「英才教育(えいさいきょういく)」という言葉をご存知でしょうか?
テレビや雑誌などで見聞きする機会の多い言葉ですので、聞いたことのある方も多いかと思います。
では、「英才教育」とはいったいどういう意味なのでしょうか。
今回は「英才教育」について解説します。

英才教育の意味とは

「英才教育(えいさいきょういく)」とは、才能のすぐれた子供に対して、その子供の能力を最大限発揮できるようにする特別な教育のことです。特に、知的に優れた子供に対して高度な教育を行うことを英才教育といい、スポーツや芸術の分野での特別な教育を才能教育といいます。

英才教育は、子どもが幼児期のころから始めることが多いため、そういった早期教育をお金をかけてでも頑張る母親を「教育ママ」と呼びます。
早期教育に関しては賛否両論があり、教育ママも時に批判されることがありますが、テレビではしばしば「天才児を育てた母親」として取り上げられることがあります。

英才教育には、上記のような早期教育の他に、エリート教育・ギフテッド教育などがあります。
エリート教育とは、社会の中で優秀とされ、指導的な役割を担う人間を育てることを目的としていて、東大やハーバード大などの一流大学卒業、大学院修了をゴールとした教育指針のことです。
ギフテッド教育は、ギフテッド(先天的に平均よりも高度な知的水準を持った人、またその能力)の子どもを教育するための特別な教育プログラムのことです。

>

英才教育の使い方・例文

1.母から英才教育を受けた私の兄は東大を卒業後官僚となった。
2.英才教育は、一歩間違うと子供の将来をつぶしかねないから、慎重になった方がいい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ