「梅雨」とは?意味や使い方を解説!

「梅雨」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「梅雨」について解説します。

目次

  1. 梅雨
  2. 梅雨の意味とは
  3. 梅雨を使った文章・例文

梅雨

皆さんは「梅雨」という言葉をご存知でしょうか。

毎年のことなので、言われなくてもという人がほとんどでしょうか。
しかし本来「ばいう」と読むところを何故「つゆ」と読むのか、そもそも何故「梅の雨」なのか知っていますか?

今回は「梅雨」という言葉について詳しく解説します。

梅雨の意味とは

梅雨とは「毎年6月から7月の前半にかけて続く長雨」です。
「ばいう」または「つゆ」と読みます。

沖縄から本州にかけて起こる気象現象で、北海道では見られません。
5月ごろ沖縄に梅雨前線が横たわることで始まり、この前線が北上することで梅雨入りが起こり、梅雨明けするまではほとんど毎日雨が降り続きます。

それによって湿気やカビ、低気圧や日照時間が短くなることによる憂鬱症状など、生活にあまりよくない影響が多く出ます。
しかし稲作を中心とした農家にとっては恵みの雨でもあるなど、この時期の雨を欠かすことができないところもあります。

なぜこの長雨を「梅雨」と呼ぶのかについては、梅の実が熟す時期だからという語源があるようです。
また、なぜ「つゆ」と読むのかというと、「露」に掛けたとする説や、カビなどで物が悪くなることを意味する「ついゆ」という言葉からきているとする説などがあります。

梅雨が始まる前の5月頃に、一時的に天気が崩れるような現象が起こることがあります。
これを「梅雨の走り」「走り梅雨」などと呼びます。
「梅雨の走り」が起こることで本番の梅雨に備えることができますが、この現象自体を知っている人はあまり多くないようです。

>

梅雨を使った文章・例文

  1. 梅雨が近づいてきたので、雨具や湿気対策を確認する。
  2. 雨ばかりで憂鬱な気分になる梅雨を乗り切る方法を知りたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ