「真夏日」とは?意味や使い方を解説します!

「真夏日」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「真夏日」について解説します。

目次

  1. 真夏日
  2. 真夏日の意味とは
  3. 真夏日の使い方・例文

真夏日

夏場になると「真夏日」という言葉をよく見聞きするかと思います。

世界的にも暑いとされる日本ですが、夏になるとよく真夏日という言葉を見聞きするはず。
では、いったい気温が何度から「真夏日」となるのか正確には知らないという方は、意外に多いのではないでしょうか。
夏の暑さから身を守るためにも、この機会に是非覚えておきましょう。

ここではそんな夏の気温について、何度から「真夏日」となるのかをご紹介する他、「夏日」や「猛暑日」との違いについても詳しくご紹介していきます。

真夏日の意味とは

真夏日とは、「一日の最高気温が30℃以上の日」のことを指します。

気象庁が定めている気象状況を表す指標の一つで、その日の最高気温が一度でも30℃以上となった場合、その日は真夏日となります。
7月下旬から8月の中旬までの最も暑い時期にはこの真夏日が連日続くことも多く、気象庁が注意を呼び掛けることもあります。

ちなみに気象庁の定める高気温の指標は他にも存在し、25度以上30度未満の日のは「夏日」となり、35度以上の日は「猛暑日」となります。
また、夜間の最低気温が25度以上であることを「熱帯夜」と呼びます。

>

真夏日の使い方・例文

  1. 日本の真夏日は本当に危険だから、男でも恥ずかしがらずに日傘をするべきだ。
  2. 暑くて紫外線もたっぷりな真夏日ほど、外に出て水浴びをしたくなるから不思議なものだ。
  3. 猛暑が続くと、真夏日ですら涼しく感じてしまうほど身体が暑さになれてしまうものらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ