「屈辱」とは?意味や使い方を解説します!

「屈辱」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「屈辱」について解説します。

目次

  1. 屈辱
  2. 屈辱の意味とは
  3. 屈辱の使い方・例文

屈辱

屈辱(くつじょく)」という言葉を誰しも一度は聞いたことがあるかと思います。

「屈辱的な日」や「屈辱を受ける」など、非常にポピュラーな言葉で、意味を知らない方はほとんどいないと言っても過言ではほどの言葉のため、知らないと恥ずかしいことになってしまいます。
意味に自信が無い方は、この機会に改めて覚えておきましょう。

ここではそんな「屈辱」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

屈辱の意味とは

>

屈辱(くつじょく)とは、「恥を受けること」「面目を失うこと」を意味します。

相手に屈して恥ずかしい思いをすることや、悔しい気持ちを味わうことなどを指し、そうした悔しい・恥ずかしい状況のことを総じて、「屈辱的」と表現します。
スポーツなどの競争事をはじめ、相手から恥や辱めを受けることや、自身の失敗などによって面目を失うことを指すため、一人で勝手に恥をかくことは意味しません。

類語には、恥をさらされて名誉を傷つけられることを意味する「恥辱(ちじょく)」や、恥ずかしい思いや、恥じらうことを意味する「羞恥(しゅうち)」などが挙げられます。

屈辱の使い方・例文

  1. 60年生きてきているが、他人からこれほどの屈辱を受けた経験はない。
  2. 社の威信をかけて企画・制作した映画が大コケするという、屈辱的な結果となった。
  3. 勝ちを収めたものの、格下相手に接戦を演じたチャンピオンにとって、この試合は屈辱だろう。
  4. 期末テストでクラス最下位を取ってしまった屈辱をバネに、猛勉強をした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ