「感嘆」とは?意味や使い方を解説!

「感嘆」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「感嘆」について解説します。

目次

  1. 感嘆
  2. 感嘆の意味とは
  3. 感嘆を使った文章・例文

感嘆

感嘆」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「感嘆」という言葉は、一般的に使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

よく「あの熱意には感嘆する」や「好きだった彼に振られて感嘆する。」「感嘆の眼差し。」といった使い方をします。

感嘆という言葉には2つの意味があり、感心して褒めること。嘆き悲しむこと。といった意味があります。

今回は、そんな「感嘆」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

感嘆の意味とは

「感嘆」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「感心して、褒めたたえること。褒めること。」という意味になります。

使い方としては「彼の熱意には感嘆する。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目は「嘆き悲しむこと。」という意味になります。

使い方としては「好きだった彼に振られて感嘆する。」とった表現が一般的です。

2つの意味があるため使い分けには注意したいところです。

また、感嘆という言葉を使った慣用句に「感嘆の眼差し」があります。

感嘆の眼差しとは「褒めたたえる気持ちを持って相手を見つめること。」という意味を持つ言葉です。

使い方としては「感嘆の眼差しを向ける。」といった表現が一般的です。

>

感嘆を使った文章・例文

  1. 憧れの歌手に、感嘆の眼差しを向ける。
  2. 好きだった彼に突然、別れを告げられ感嘆する。
  3. 彼の仕事に対する圧倒的な熱意には感嘆する。
  4. 彼女はいつも何事にも一生懸命に取り組んでいるため皆感嘆している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ