「大人気ない」とは?意味や使い方を解説!

「大人気ない」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「大人気ない」について解説します。

目次

  1. 大人気ない
  2. 大人気ないの意味とは
  3. 大人気ないを使った文章・例文

大人気ない

大人気ない」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「大人気ない」という言葉は、一般的に使用されるため耳馴染みのある方が多いかと思います。

よく「子ども相手に腕相撲でむきになるなんて大人気ない。」といった使い方をします。

大人らしい思慮分別に欠けていることや、幼稚でみっともないこととった意味を持つ言葉です。

今回は、そんなよく使う言葉である「大人気ない」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

大人気ないの意味とは

大人気ないとは「大人らしい思慮分別に欠けていること。幼稚でみっともない様子。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「おとなげない」となります。

使い方としては「子どもと本気になって腕相撲で勝つなんて大人気ない。」といった表現が一般的です。

大人気ない人の特徴としては、自分勝手であったり喜怒哀楽が激しかったり、自分の欲求を優先させたりするといったものが挙げられます。

また、似た言葉には「たわいない」「無分別」「心無い」があります。

たわいないとは「考えがしっかりしていない。幼稚で思慮分別がない。言いくるめるのが容易である。」といった意味を持つ言葉です。

次に、無分別とは「物事の道理や善悪、損得などを常識を持って判断できない様子。」という意味を持ちます。

そして、心無いとは「思慮分別がない。」という意味を持つ言葉です。

似た言葉ですが、使い分けには注意しましょう。

>

大人気ないを使った文章・例文

  1. 私の父親は弟相手に将棋で勝っていて大人気ない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ