「連載」とは?意味や使い方を解説!

「連載」という言葉の意味や使い方について解説します。良く知られてはいても意味を正確に知っているわけではありません。はっきりと理解したい語彙の一つでもあります。またあわせて「連載」の類語についても紹介します。これで、普段の会話でも容易に活用できます。

目次

  1. 連載
  2. 連載の意味とは
  3. 連載を使った文章・使い方

連載

連載記事」という表現のイメージが強いのが連載という言葉ですが、この語彙はすべての情報誌に載っている記事などに当てはまるのか疑問です。

小説や漫画といった雑誌類にも連載という言葉が使われているので、意味をはっきりと理解しておくこは大切で、そうすることで使い分けることができます。

また、この言葉は読み物業界の職種によって連載という言葉が使われるものとそうでないものがあります。
例えば、その日限りの特集記事のようなタイプはどうなのか?という疑問を持ちます。

それでより意味を把握するために、ここでは連載の意味について説明し、例文を通して正しい理解を得られるようにします。
 

連載の意味とは

連載の意味は、「ある漫画や小説などがウィークリー誌やデイリー誌のような雑誌や新聞に定期的に連続して載る」ことを意味します。

連載の意味について理解すると、この言葉が非常に限られた範囲内で使用される言葉であると気づかされます。

毎週あるいは毎日のことですから当然、その読み物自体は分割されて新聞に載るわけです。

だから連続で掲載されるということで連載なのです。

それで、新聞などに分割されて載るわけではないタイプの記事、例えばライターのコラムでも一日限りの特別記事のようなものに対しては連載という言葉は用いられません。

連載の類語

連載の類語としては、以下のものがあります。

  • シリーズ
  • シリーズ物
  • つづき物

連載を使った文章・使い方

連載という語彙の使い方をより知るためにいくつかの例文をご紹介します。

  1. 自分に合った職種を選ぶためのおすすめ記事が週刊誌に連載される
  2. 連載に載るほどの漫画ではない
  3. この人のコラムは連載中だが、いつまで続くかはわからない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ