「ほうれん草」の名前の由来とは?

みなさんご存知の「ほうれん草」ですが、その名前はなんだか不思議な名称ではないでしょうか?どうして?その由来は?ここでは、ほうれん草の名前の由来について解説します。またほうれん草の語源や漢字では何と書くのかをあわせてご紹介します。

目次

  1. ほうれん草
  2. ほうれん草の意味とは
  3. ほうれん草の語源の由来
  4. ほうれん草を使った文章・使い方

ほうれん草

ほうれん草」は私たち日本人にとって栄養豊かな緑色野菜です。

英語で「Spinach」と呼ばれるように学名では「Spinacia oleracea」と呼ばれています。

アメリカでもほうれん草と言えばポパイの漫画で代表されるようにエネルギーの源のようなイメージがあります。

食卓で活躍するほうれん草ですが、その名前の由来や意味はあまり知られてはいません。

今回、それらの疑問を解消すべく簡単に説明します。

ほうれん草の意味とは

ほうれん草を学術的に言うと、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属で原産地はアジアのペルシャ地方だと言われています。
 

どうしてその名前はほうれん草?

ほうれん草という名前を漢字で書くと、「菠薐草」と書くことができます。
これは、菠薐国であるペルシャを表します。

そして、日本に広まった歴史として江戸時代に普及し、ひびとく用倹約料理角力番付本の人気料理として載るまで庶民に慕われる食べ物となります。

ほうれん草の語源の由来

では、語源の由来は?どうしてペルシャ草と発音されず「ほうれん」なのか?疑問が残ります。

この名の由来には日本にたどり着く前に中国を通過したことと関係があります。
ペルシャの菠薐は中国ではホリンまたはポーリンと発音され、それが日本に伝わった時には「ほうれん」という発音で理解されるようになりほうれん草になったと言われています。

先ほどご説明したように、江戸時代で「ひびとく用の江戸の料理本」にも出るまで広がりましたが、もともとは東洋種のほうれん草で私たちがよく食している西洋種のものとは品種が異なります。

このような歴史の流れがあって、スーパーでは不可欠な野菜として君臨しています。

ほうれん草を使った文章・使い方

  1. ほうれん草のお浸しは健康的である
  2. ほうれん草はあく抜きがポイントである
  3. 社会人のマナーのほうれんそうとは、「報告」「連絡」「相談」である

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ